ANA国内線プレミアムクラスに搭乗して 函館→羽田

ANA国内線プレミアムクラスに搭乗して 函館->羽田

ANA国内線プレミアムクラスとは

ANA国内線のサービスにANAプレミアムクラスがあります。
基本的にはJALのファーストクラスと似たようなサービスとなります。
ANAのコンセプトは「日本の空に、すべてがプレミアムなひとときを」です。
ANAの場合はほとんどの路線に設定があるのでJALよりは自由度が高いです。

羽田からの搭乗のケースで説明すると

専用のカウンターで搭乗手続きや手荷物の預かりやラウンジを利用できます。基本JALと同じと思っていて大丈夫です。
JALと比較するとシートのボリュームは少ないですが、しっかりした作りになっており、椅子の稼働は電動なため操作がしやすいです。JALですと手動なため女性だとシートを倒すのが難しくなるケースもあります。隣の席との境にセパレートする板はないので、隣が家族や知り合いの場合はANAの方が会話もしやすいです。

函館空港では

ラウンジ
函館空港にはANAもJALも専用のラウンジがありません。ですのでプレミアムクラスのサービスを受ける事は出来ません。
もしラウンジを使用したい場合は、カード会社と思いますが有料のラウンジスペースを利用することになります。
ゴールドカード以上(確か)の所有者が無料で利用できます。それ以外の人であれば有料で1,000円で利用できます。ソフトドリンクが無料で利用できるので、早めに空港に到着して、お土産の買い物が終わり時間が余った場合は、ランジは非常に重宝します。
手荷物検査〜保安所
専用の保安所とかはないので一般の保安所をしよします。少し気になったのが手荷物を預ける場所が常時業務を行なっているのでなく、時間が決められているみたいです。
そのため対応時間外に行くと何時以降に来てくれと言われます。空港内の放送でも預かりを開始した内容のアナウンスが流れます。
機内に搭乗
羽田同様に優先搭乗があります。機内でも責任者のパサートと担当のスチュワーデスさんから挨拶があり此処もANAとJALで大きな差がありません。
機内食
機内食は一言で言うと見ていて楽しくなるお弁当です。
JALと比較すると少し小降りになりますが、非常にいい食材を使用していて、見ているだけで楽しいです。
お酒も含めた飲み物も飲み放題です。正確には飲み放題と言うより、客室内にアテンダーが巡回しておりグラスが空になると声がけをしてくれます。食後お酒だけを頼むとおつまみのスナック菓子を一緒にいただけます。
お菓子をもらいました。
今回は函館→羽田間なので十分な時間はあります。
機内から出るとき
当然座席が先頭なので、ほぼ先頭で飛行機から出られます。今回はタラップで滑走路におりバスで到着ロビーまで移動する形となりました。
当然飛行機の先頭付近に座っているので、確実にバスに座れ得ます。しかしこのバス、走行時間が非常に時間がかかり、旅行で披露指定いる状態では結構きついです。
手荷物返却のカウンター
荷物が流れてくるのは一番先頭では有りませんが、十分満足できる範囲の割と早い段階で荷物が回ってきます。そのため、空港からのリムジンバスやランタカーなの早い段階での手続きができます。電車ら路線バスなら座れる確率が非常に高くなります。

総合感想

ANAのプレミアムクラス、JALのファーストクラスを味わってしまうと、快適な空の時間を過ごすためのサービスしてして割り切ると決して悪くないです。
例えるなら少しにアンスがずれますが上野東京ラインの普通車グリーン券の購入する気持ちも近いものがあります。特に長距離を利用する場合は購入する人も増えると思います。休日のグリン車の利用する人が多いいです。ただ上野東京ラインのグリーン券は手軽な金額ですが、飛行機の場合は割高なので、そこが問題ですが。。。

お約束の言葉ですが

覚えていますか?帰るまでが遠足!そうです。行き帰りでいやな経験をしてしまってはせっかくの旅行が台無しです。旅行そのものがつまらなくなってしまいます。家を出た瞬間から家に到着するまでが旅行です。その時間を楽しむのが旅行です。